不動産ファンドと金融


なぜ不動産ファンドの人気が盛り上がるのか

不動産

バブル崩壊後のデフレ経済下にあって、不動産価格が暴落し、担保としての土地を中心にした融資システムが崩れました。
その結果、金融機関の融資先は軒並み担保割れが続出し、それに耐えきれなくなった金融機関は不良債権となった不動産を整理するとともに、抜本的なリストラに取り組むことになったのです。

不動産の処分によって優良物件が数多く不動産市場に出てきました。こうなって不動産の含み益を原資とした銀行借入できなくなった多くの企業や不動産オーナーが、金融機関の貸し渋りに対抗して新たな資金調達手法を確保しなければならなくなったことによって不動産ファンドが盛り上がらざるを得なくなったのです。

金融

銀行借入を柱とする間接金融が機能不全となったこと、また一方、REIT等への法的整備が整ったこともあって直接金融である不動産ファンドに注目が集まることになったのです。
さらに、不動産ファンドに注目が集中したのは、超低金利時代にあって、少しでも有利な利回りが得られる新商品を求めていたことからでもあります。
従来のようにコーポレイトを中心とした間接金融により資金調達が難しくなった側と有利な投資先を求めている投資家との利害が一致して人気に盛り上がりを見せているわけです。


那覇市のベッドタウンであり、沖縄県で4番目に人口が多い浦添市。
かつては浦添城があった街は、現在は商業施設や住宅が密集する市街地へと変化を遂げました。
那覇市と宜野湾市の間に位置しているため、両市へのアクセスも良く、市外へ通勤通学される方も多いのが特徴です。
また浦添市民球場は、毎年行われるプロ野球チームの春季キャンプの拠点の一つになっており、そのシーズンは多くのプロ野球ファンで賑わいます。
人口増加が著しく、近年は住宅の需要も右肩上がりの浦添市。
そんな浦添市で賃貸物件をお探しの方におすすめのサイトがこちらです。
単身者向けのワンルームからファミリー向けの3LDK・4LDKまで、幅広い間取りの賃貸物件を探すことができます。
また、現在那覇市首里までの運行となっているゆいレールも、数年後には浦添市内まで延伸することが決まっているため、今後もますますの発展が期待される浦添市。
ゆいレールは市の東部に延伸される計画となっているので、これから浦添市内で賃貸物件を探すのであれば、そのエリアがねらい目でしょう。
公園や美術館などの公共施設もあり、大型商業施設も多く住みやすい環境が整った浦添市でのお部屋探しに、ぜひご活用ください。

豊かな自然と,数々の歴史的建造物が残されている姫路市。世界遺産にも登録されている姫路城が有名ですよね。観光地として人気があり,姫路市街地には多くの観光客が訪れます。
姫路市南部には,姫路市街地のベッドタウン的性質を持つ住宅地が広がっています。中でも網干エリアは姫路市街地はもちろん,神戸や大阪へのアクセスも良好なため,通勤・通学面で不便することはありません。商業施設も多く,生活に必要なものは揃えることができるので,快適に暮らせるでしょう。
そんな姫路市網干区で賃貸物件を探しています。
今は一人暮らしなのですが、結婚をしたら、ファミリー向けもありだな~と色々妄想をしながら物件を探しています。
網干エリアには賃貸物件が沢山あり,賃料もリーズナブルな物件が多いです。
しっかり物件をみて引越しをしようと思います。

西大寺エリアは奈良市でも人気の高い地域。利便性も高く,かつ静かな所が良いという方にオススメです。教育環境が整っているため,子育てをするファミリー層にも人気のエリアです。学校や図書館,学習塾が多く近い場所にある為,子供たちにとっても環境の良い街となっています。実際,賃貸物件が多くあり,数ある中から自分の理想の物件を探す事ができるのが魅力。大阪や神戸にもアクセスしやすいので,ファミリーだけでなく,一人暮らしの方の通勤や買い物,遊びに行くのにも困らないという点も好評価のポイント。独身世代や子育て世代にとってだけでなく,介護施設サービスなども整っているためお年寄りの方にとっても住みやすく便利な街であります。西大寺の賃貸物件なら,世代問わず快適な生活を送る事ができますよ。